Screen Shot 2021-03-13 at 14.31.17.png

CONCENTRATE

CBDコンセントレートとは?
CBDクランブル

CBDを非常に多く含む、吸引摂取を目的として作られた商品タイプの総称です。
CBDコンセントレートは、比較的短時間で高容量のCBDを簡単に摂取することができるので、多くの方に好まれています。
CBDコンセントレートには”クランブル”と”シャッター”という、大きく分けて2種類あります。

CBDコンセントレートのメリット

1. 高いCBD含有率

クランブルの場合は85%以上、シャッターの場合は95%を超えるCBD含有率となっているので、少ない量でも多くのCBDを摂取することができます。

2. 即効性

ベイポライザーなどで気化させて吸うという商品タイプ上、体内に吸収されるまで非常に短時間です。
まずはCBDの効果を実感してみたいという方にも大変おすすめです。

3. 便利性

通常内容量は1グラムとなっており、容器は小さく軽いため、持ち運びが容易です。
また匂いもほとんど出ないため、素早く簡単に場所を選ばず楽しむことができます。

​4. フレーバーの多様性

テルペンという植物由来の天然香料を使い、本物のカンナビスの香りや味に出来るだけ近づけています。
また、フレーバーの種類は多岐に渡るので、自分に合ったお気に入りのフレーバーをぜひ見つけてみて下さい。

CBDコンセントレートの摂取方法は?
Screen Shot 2021-06-17 at 10.35.31 AM.pn
Screen Shot 2021-06-17 at 10.38.20 AM.pn

ベイポライザー、もしくはボングと呼ばれる器具を使い、シャッターを高温で熱してその煙を吸引します。

紙巻きたばこなどにも少量混ぜて吸うこともできます。

CBDを吸引する際に最適な温度は320°F~356°F(160℃~180℃)と言われています。

温度が高くなればなるほど、香りや味を再現しているテルペンが焦げてしまうので、

温度調節ができるベイポライザーで吸うことをお勧めします。

CBDクランブルとは?
Screen Shot 2021-06-17 at 9.40.50 AM.png

CBD含有率85%を超えるブロードスペクトラムオイルに、テルペンという植物由来の香料を添加して作られる、茶色く濁った固形状のものになります。
CBDだけでなく、CBGやCBN、その他マイナーカンナビノイドを多く含むので、”アントラージュ効果”(複数のカンナビノイドを合わせて取ることによる相乗効果)を期待できます。

CBDシャッターとは?
Screen Shot 2021-06-17 at 9.41.31 AM.png

CBDアイソレートにテルペンという植物由来の香料を添加して作られる、白い半透明の固形状のものになります。

CBDアイソレートから作られるので、CBDの含有量は95%を超えます。
まずはCBDの効果を実感してみたい、という方におすすめです。